So-net無料ブログ作成

陰陽の滝(和歌山県那智勝浦町) [自然]

熊野曼荼羅の郷河川公園から東の谷へ入り遊歩道を徒歩30分ほどで滝に到着。
2008_01-Edit.jpg
2008年1月撮影(EOS-20D)

11月から2月くらいまでの午前中、晴天の日には美しい虹と出会う事が出来ます。
2009_12-Edit.jpg
2009年12月撮影

日が当たっていない時は、穏やかな緑の空間・・・同じ場所でもえらい違いです。
2008_08-Edit.jpg
2008年8月撮影

陰陽の滝
那智四十八滝の一つで、古くは第三十七番
「奈可悟(なかご)」の滝といい、東の谷(大渓流)を
代表する滝である。

“なかご”の名は、星の運行を人の運命と結び
つけて占う宿曜道に由来し、二十八宿の星名、
蠍座にある“なかご星”からつけられている。
また、この滝は二条に落ちるところから
夫婦だきとも呼ばれ、滝の形状から陰陽だき
と名付けられた。(陰陽の滝看板より)

※滝前からの撮影には長靴が必要です。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。